パッケリ 生活2日目

夏なのでさっぱりとした レモン系 なんていかがでしょうか?
レモン で 和える訳にもいかないので、 レモンの酸味を抑えるのにバターが必要か・・

うーん、 バター って 気分 じゃないなぁ・・
そうだ。

マスカルポーネ にしよう♪
と生まれたレシピ。
ズッキーニとマスカルポーネって相性がいいんですよ!

 

 

 

ズッキーニ の レモン・  マスカルポーネ ソースの パッケリ

ズッキーニ の レモン・ マスカルポーネ ソースの パッケリ

材料(2人分): パッケリ 150g

ズッキーニ 1本(あればロマネスコ)
たまねぎ 1/10個
レモン 1/2個
マスカルポーネ 大匙1
パルミジャーノレッジャーノ 大匙2
マジョラム ドライ(あれば)
エキストラバージンオリーブオイル 適量
塩 適量

ズッキーニ

ズッキーニは乱切り

 角が合ったほうが食感が楽しい。欧州の方ってまな板を使わないで手の平で野菜をカットすることが多いので、こういう規則的じゃないカットをよく目にしました。

外国だ~と思っていましたが、試してみると、几帳面にきれいにカットするより、思わぬところを噛むことで味が出てくるんです。

お試しアレ!

パッケリを茹でます

パッケリを茹でます

 パッケリを茹でます

たまねぎを使います

たまねぎを使います

 今回はデリケートな味にしたいので、ニンニクは使わず、たまねぎを使います。鍋肌にガリガリとこすり付け、エキストラバージンオリーブオイルを入れて、弱火で香りを出していきます

ズッキーニを炒めます

ズッキーニを炒めます

 ズッキーニって小さく切った方が味が出てパスタには合うんですよね。こちらの野菜もなかなか親しまれていない野菜。

ガンガン使っていきますよ。

 

マスカルポーネを入れます

マスカルポーネを入れます

マスカルポーネを入れます。

生クリームより軽く仕上がり、生クリームより使い勝手が良い。

なんか足りないなぁ・・と思ったときにちょっと入れてみたりするので、冷蔵庫にあると重宝している食材です

大匙1入ります。分離しないように弱火にしてズッキーニとなじませます。

レモン入ります

レモン入ります

 レモン汁入ります。全体がなじむように弱火で

マジョラム入ります

マジョラム入ります

マジョラム入ります。

イタリアの高級レストランでは最近はオレガノよりマジョラムなんですって。

オレガノより優しくて、シソに近い香りなので使いやすいかも。

パッケリが入ります

パッケリが入ります

 パッケリを投入。

ここでパルミジャーノレッジャーノを入れて、パスタと和えます。レモンの酸味を和らげる為にパルミジャーノレッジャーノはたっぷり入れてくださいね。

混ざったら出来上がり♪

■ ズッキーニ の レモン・ マスカルポーネ ソースの パッケリの動画

■ 感想 爽やかな酸味。これぞスパゲッティにはできない技

マスカルポーネ だと、生クリーム より軽く仕上がるような気がします。酸味があるせいかな?

ただ、レモン も マスカルポーネ も 酸味 があるので、しっかり パルミジャーノレッジャーノ を入れないと 酸っぱい パスタ になってしまいます。 スモークサーモンを入れてみるのも美味しいかと思います!!

これも、やっぱり ソース を楽しむ パスタ 。

今度は 違う視点から パッケリ を考えてみようかな

■ パッケリ 、 オリーブオイル の ご購入 はこちらから

パッケリ イタリア産小麦 を使い、最も香りがある 芽 の部分を 一緒に練り込み、ブロンズ型 での 搾り出し、 低温乾燥 の 高級志向 のパスタ。 大きなマカロニ のような ナポリの名産パッケリ。 魚介 を使った パスタ料理 に。
パッケリのご購入はこちらから
シチリアのオリーブオイル 魚介類に ぴったりの パレルモ産オリーブオイル。

収穫後 3時間おきに 搾油 しているので 新鮮そのもの。もちろん コールドプレス製法 、コールドペースト製法 。

トマト のような 香りは、パン につけたり サラダに掛けたり。

当店人気 No.1の エキストラバージンオリーブオイル です。

シチリア産 が この値段 で買えるって 奇跡 なんですよ!

シチリア産エキストラバージンオリーブオイルのご購入はこちらから