イタリアの農家から当店直輸入のイタリア産オリーブオイル、珍しいワイン、チーズ、いろいろなパスタの食材店

イタリアでのパスタの使われ方

イタリアでのパスタの使われ方

パスタの国、イタリア。その使われ方にもちゃんと理由があります。 日本ではスパゲティより一回り細いスパゲッティーニが主流で、より細い方が好まれる傾向があり、また高級レストランでもカペッリーニなど細い面を出されますよね。 しかし、イタリアでは全く別の感覚なんです。

スパゲッティは家庭のパスタ

pastaalsugo最も家庭で食べられているのはスパゲッティです。シンプルなトマトソースにパルミジャーノレッジャーノをかけていつものランチ。 しかし、これは「家庭だけで食べる」パスタで、親戚など家族に近い人を除いて おもてなしをしなければならないお客様には出しません。 日本で言う「そうめん」のような扱いと言えば伝わるでしょうか。

お客様の時のパスタは?

cannelloni

ではおもてなしのパスタは? 主にショートパスタを使うことが多いのです。また冬場でしたら、カンネッローニやラザニアなど焼きパスタを使います。 何故なら、ロングパスタは配膳しているうちに伸びたり固まってしまって、お客様も食べづらくなってしまうためです。

結婚式やお祝いごとなどの席のパスタ

ラビオリやラザニアなど生パスタを使います。手間暇を掛けたフォーマルな席に相応しいパスタとして扱われます。 RAVIOLI長いパスタはソースが飛び跳ねる危険もありますし、固まってしまえば美しく食べづらい。 文化が根付いたからこそのもてなし方ですね。 ラビオリなどは、高級店へ行くほどサイズが大きくなり、数が少なくなります。         パスタの国のパスタ事情は、理にかなっていると思いませんか? これが根付いた文化の成長なのかもしれませんね

商品紹介

いつもご利用頂きまして誠にありがとうございます TEL 0238-20-5753 10:30~18:00

商品紹介

  • facebook
  • twitter
きまぐれなオリーブとワイン

イタリア在住中から書き溜めたブログ

飲食店、販売店のオーナー様へ

飲食店、販売店のオーナー様へ

ピウボーノカレンダー

PAGETOP
Copyright © ピウボーノ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.