イタリアの農家から当店直輸入のイタリア産オリーブオイル、珍しいワイン、チーズ、いろいろなパスタの食材店

ワインの飲みごろとヴィンテージのはなし(誕生日ワインはワインビネガー!?)

  • HOME »
  • ワインの飲みごろとヴィンテージのはなし(誕生日ワインはワインビネガー!?)

『 子供が生まれたので、子供が20年になった時に開けられる今年のワインが欲しい 』

と仰るお客様がたまにいらっしゃいます。

これがワインの難しいところです。

まず、ラベルにお子様の生まれ年を表示・・というのは、最低でも翌年にならなければなりません。

何故なら、その表示されている年は「ぶどうの収穫年」だからです。これをヴィンテージと表現します。

収穫は9月中旬から遅くて11月始めまで。このぶどう達がボトルに入るまでには、イタリアワインでしたら早くても3ヶ月後。

そして、3ヶ月程度で市場に出てきたワインは「早飲み(2年以内に消費することをおすすめするワイン)ですので、

お子様が20歳になるころに楽しんで飲めるタイプのワインにはなりません。

大丈夫!腐ってはいませんよ!

ただ単にワインビネガーになっているだけですから!

- ワインの飲みごろ -

『ワインの飲み頃』という言葉を耳にしたことがありませんか?

それぞれのワインには、そのワインを美味しく飲める『時期』が設定してあります。

一般的には長期熟成している高級ワインほど長く、シンプルに作られた程早めに消費したほうが良いように作られています。

もちろん市場に出すということは「もう飲んでも大丈夫」ということですが、

自分の好みの状態になっているかは、開けてみてのお楽しみ。

では、飲みごろを迎えていないワインはどうか?というと、しぶーーいワインだったりします。

逆に今持っているワインは20年後には美味しく飲めるのか!?ということですが、

それを知っているのは生産者なので、インポーターやお店の方に聞いてみるのが一番です。

ただ、長期の保存は非常に難しいものがありますので、

それだけご理解くださいませ

 

いつもご利用頂きまして誠にありがとうございます TEL 0238-20-5753 10:30~18:00

PAGETOP
Copyright © ピウボーノ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.